topページ

白衣を着る仕事

「白衣を着る仕事」といえば、医師・看護師・薬剤師・歯科医師・食品加工関係の仕事・研究者など様々ですが、ここでは「薬剤師」にスポットを当てたいと思います。

薬剤師を含めて、医療従事者になるにはとても大変です。大学の医学部、薬学部、歯学部、医大、薬科大、歯科大など入学するために勉強しなければいけません。また、大学に入学した後も、6年間勉強に研修に大忙しです。その苦難を乗り越えた者だけが、医療従事者として働くことができます。

薬剤師になるためには何が必要なのか、また薬剤師になるためには大学、薬科大学はどこを選べばいいのか、このサイトで少し触れてみようと思います。

薬剤師になるために大事なこと

薬剤師になるために大事なことはたくさんあります。それもそのはず、薬剤師という職業は他人の命に関わる仕事と言えるからです。処方する薬をちょっと間違っただけでも、他人の命を奪ってしまいかねないことがあります。だからこそ、常に緊張感を持つことが大事です。

薬局やドラッグストアなどに勤めている薬剤師は、処方する薬の種類や量などを間違えることは決してしないようにすることが重要と言えます。単純作業で行っていると、いつかミスをしてしまいます。大事なものを取り扱っているという意識を常に持って仕事をすることが大切です。それから、何らかの体調不良を抱えている人に薬を渡すことになるため、他人への気遣いができる人が好まれます。相手の気持ちにたって考えることのできる人が向いていると言えます。

薬剤師は単に薬に囲まれているわけではなく、他人と接する機会も多いことから、コミュニケーション能力も大事です。地域に密着した薬剤師が望ましいと言えます。

薬剤師を目指す目的とは

薬剤師を目指す目的は人によって違うものです。例えば、身内に病気の人が居る場合、薬剤師よりも医者を目指すことが多くなるはずです。しかし、人によっては病気を治すための薬に関する職業に就いた方が医者よりも断然いいと思うことがあります。

また、世の中にはたくさんの治療薬が開発され出てきていることもあり、様々な薬について学びたいと思うこともあるはずです。薬がないと生きていくことができないという人もいることから、薬剤師という仕事は人の命に関わる仕事でもあります。そんな責任感のある重大な職業というところに惹かれて薬剤師を目指している人もいるはずです。

専門の学部や学科などを卒業し、資格を取得しないことには薬剤師として働くことができないため、誰でも簡単に就ける職業でもありません。そんな難しさもやりがいを感じられ、目標を持つことのできる資格とも言えます。どんな理由や目的にしても、世の中の人に役立つ職業と言えます。

薬剤師に必要なもの

薬剤師になるために必要なものは、当然、資格です。資格試験を受けて試験に合格しないことには薬剤師として働くこともできないからです。そのための勉強をすることがまずは大事です。最近では通信制の講座もたくさん世間に知られるようになってきましたが、もっと徹底的に学ぶためには大学の薬学部などで学んだ方がいいかもしれません。

専門的な知識を観に身につけることができます。あるいは薬科大学などの専門的な学校へ進学することもお勧めです。社会人になってから急に薬剤師を目指すという人もいます。そういった人は通学制の学校へ通ってみたり、通信制の講座を利用してみたりするといいかもしれません。働きながら薬剤師を目指すことができます。そして、何よりも忍耐力が必要です。薬を取り扱う仕事となるため、間違うことはあってはならないことから精神的にも強くなる必要があります。何事にも真面目に取り組む人が向いている仕事とも言えることから、薬剤師になるためには誠実な心を持つことも大事です。